みかんの種類ってたくさんあります。全部ご存知の方は、すごいみかん好きですね。

季節ごとの品種を紹介します。

 

 


極早生温州

 宮本早生
 岩崎早生
 鹿児島早生

 

極早生温州

 9月下旬〜11月中旬

 極早生温州は柑橘類の中で最も早く収穫できる品種で日照と気温に恵まれた鹿児島県の気象条件化でその特性を発揮できる品種です。
 果実内部は熟しても皮は色づきが遅いため、青みが残った状態で収穫されます。


早生温州

 興津早生
 美保早生

 早生温州

 12月〜1月上旬

 早生温州は10月下旬以降に最高の品質になる品種を指し、極早生温州が出現するまでは早期出荷用の代表品種でした。最近は完熟での出荷用やハウス用品種となっています。


 贈答用のみかんとして大変好まれています。


普通温州

 青島温州

 普通温州

 1月〜2月

 昭和25年静岡市の青島平十氏が尾張温州の枝変わりとして発見した。果実は大きく極めて扁平である。
 果実のしまりが良く浮き皮にはならない。糖度は高く、クエン酸も適度で食味は優れている。果皮色がやや淡い。

 樹勢はおう盛で枝葉は密生する。傾斜地では幼木から良く結実し、隔年結果性も少ない。


太田ポンカン

 ポンカン

 12月下旬〜1月下旬

 昭和22年、静岡県庵原町の太田敏雄が庵原ポンカンの枝変わりとして発見した。小葉低しょう系の早熟種である。果実の大きさは中程度、果系指数は120〜130くらいで12月上旬〜中旬には完全着色し減酸も早い極めて豊産性で連年結果する。


 果汁は多く、糖含量は中位で糖度は11〜12度程度。


スイートスプリング

 スイートスプリング

 12月〜2月

 農林水産省果樹試験場興津市場で上田温州×ハッサクの交雑で育成し昭和56年公表した。
 果形は偏円〜円形で果皮は黄色でやや粗く剥きにくい。果肉は柔軟、減酸が早く食味は甘い。果皮の退色が遅く食味と一致しない樹勢は強く枝は密生する。


せとか

 せとか

 2月中旬〜4月

 果樹試験場口之津支場において、(清見×アンコール)×マーコットの交配により育成された。第7回系統適応試験に口之津19号として供試され、平成10年8月21日にタンゴール農林8号として命名登録されました。 施設栽培では生育が旺盛で、結実も良く豊産性である。果形は扁平で安定している。果皮は橙色で厚さが薄く、果面 が滑らかで光沢がある。剥皮はやや易で芳香がある。通常無核であるが、周囲に受粉 樹があると種子が入る。じょうのうは薄く、肉質はやや弾力があり濃厚な食味である。成熟期は1月下旬〜2月頃である。


大橘

 サワーポメロ

サワーポメロ

 2月下旬〜3月

 大橘は本県在来のブンタンであり、原木は果樹試験場に保存しているがその由来は不明である。
樹は若木時代にはやや直立性だが成樹になると開帳して円形となる。
ブンタンとしては結果樹齢に達するのが早く、3〜4年生から結実し、成樹になってからの収量 も多く豊産性である。 隔年結果性は少ない。
果実は偏円形で果実重500〜600g、果皮は黄色平滑で、果実は柔軟多汁、甘酸適度で食味はとても良い。


かごしまDEKO

 不知火

不知火

 2月〜5月

 昭和47年に、農水省園芸試久留米支場口之津試験地(現農水省果樹試カンキツ部)において、清美に中野3号ポンカンを交配し育成された交雑種です。
 樹姿は若木の時はやや直立性であるが、結果期になると開張する。
果実は200〜280gで、マンダリンタイプとして大果である。
果皮は黄橙色で着色開始期は10月中旬で、完全着色期は12月上旬である。
果肉色は橙色で、肉質は柔軟多汁である。 じょうのうの幕は極めて薄く柔らかい。
果汁の糖度は13〜14度程度、場所によっては16度となる所もあり高糖度である。


甘夏

 川野夏ダイダイ

 甘夏

 3月〜5月

 昭和初期、大分県津久見市の川野氏の園で夏みかんの枝代わりとして発見されたので、減酸が早く食味がよい上に樹が丈夫で豊産性のため昭和30年代頃より大分県、熊本県田浦町、愛媛県御荘町などで集団栽培が開始され全国的に栽培されてきた。


ジューシーオレンジ

 河内晩柑

 ジューシーオレンジ

 4月〜6月

 約80年前に、熊本県飽託郡河内町の西村徳三郎氏の宅地で発生した文旦を血を引く偶発実生で、昭和10年に同町の鑢一馬氏が発見したものである。
 樹勢は極めて強く、枝の発生はやや粗い。果実の大きさは250〜500g程度果皮は 黄色、平滑で美しく、比較的柔らかい。果肉は淡黄色、肉質は柔軟多汁である。わずかに苦みはあるが文旦芳香があり食味は良好である。